CBCテレビで毎週土曜あさ9時25分から放送の情報バラエティ番組『花咲かタイムズ』。
暮らしに役立つ情報満載のコーナー「うなずキング」では、フォロワー6万人以上! グルメ系の投稿の中でも特に“お肉"を得意とする名古屋の人気“#肉スタグラマー"さんオススメの、最新トレンド肉を紹介しました。

ブランド牛がお値打ち!立ち食いスタイルの焼き肉

グルメ系の人気インスタグラマーが教える!名古屋の最新「肉トレンド」

今年5月、千種区・今池にオープンした『焼肉食堂 今池ビップ』。日本で最も歴史があるともいわれるブランド牛「近江牛」を、立ち食いでお値打ちにいただけるお店です。
1階は立ち食いスタイル、2階・3階には座席もあり、自慢の近江牛はA4・A5ランクの最高品質です。ブロックごとにわけられていない“枝肉"の状態で仕入れ、お店でさばくことで値段がおさえられるそう。
高級店だと100g15,000円以上はするであろう『近江牛 厚切りサーロインステーキ』が、こちらのお店では60g前後でなんと1,500円と超お値打ち!サシがたっぷり入っており、とろけるような口どけがたまりません。

グルメ系の人気インスタグラマーが教える!名古屋の最新「肉トレンド」

さらに、『近江牛 リブロース』(700円)もオススメ。薄切りされたお肉をさっと炙ったら、すき焼き風味のタレにつけていただきます。お肉のキメが細かく、とけてなくなるほどやわらかいですよ。

焼肉食堂 今池ビップ
住所:名古屋市千種区今池1-12-2
電話:052-734-3313

連日大行列!究極のハンバーグがいただけるこだわりの挽き肉専門店

グルメ系の人気インスタグラマーが教える!名古屋の最新「肉トレンド」

名古屋・栄にオープンした『挽き肉のトリコ』。平日・週末を問わず開店前から行列ができるほど人気の挽き肉専門店です。
専門店というだけあって、夜は挽き肉を使ったビストロメニューが、お昼はハンバーグカレーやハンバーグ定食と、挽き肉料理を思う存分堪能できます。
中でもランチ一番の人気メニューは『究極のハンバーグ定食』(1,500円)。250gのボリューム満点ハンバーグに、ごはんのおかわり自由という、見栄えよりもお肉の魅力のみに振り切って考案されたメニューです。

グルメ系の人気インスタグラマーが教える!名古屋の最新「肉トレンド」

自慢のハンバーグには地元のブランド牛「愛知牛」が使われており、鉄板で肉汁を閉じ込めたあと、オーブンで中までしっかり火を通して焼き上げることでジューシーな食感に仕上がっています。
ハンバーグの周りには生わさび・ニンニク・青唐辛子味噌・サンラージャン・おろしポン酢・オニオンソース・岩塩といった7種類の調味料が添えられているので、一口ごとに違った味わいで楽しめるのも人気の秘密です。
肉汁があふれるほどジューシーなハンバーグは、旨味がしっかり味わえる究極のお肉料理ですよ。

挽き肉のトリコ
住所:名古屋市中区栄3-22-16
電話:052-262-0195

仰天!映えブームの究極系!お肉でできたシカゴピザ

グルメ系の人気インスタグラマーが教える!名古屋の最新「肉トレンド」

今年4月、名古屋・栄の錦通り沿いにオープンした『NAGOYA MEAT STATION(ナゴヤミートステーション)』。
店内はオシャレな内装で、『至高の牛タンユッケ~ウニいくら盛り~』(1,880円)など“映えグルメ"が味わえると早くも人気店に。
豪快で華やかな見た目のインパクトだけでなく、味も確かな絶品お肉料理の数々を、さまざまな調理法でいただくことができます。
中でも『溢れるチーズのMEAT☆CHICAGO』(2,280円)はオススメ!
お皿のような形に焼き上げた生地の中にチーズやトマトソースをたっぷり入れたアメリカ・シカゴ発祥のグルメ「シカゴピザ」に、ジューシーなローストビーフを生地が見えなくなるほどトッピングし、衝撃のビジュアルに仕上げているのが特徴です。

グルメ系の人気インスタグラマーが教える!名古屋の最新「肉トレンド」

ハサミでお肉ごと生地を切り開くと、中からたっぷりのとろけるチーズと卵黄、ミートソースが流れ出てきます。
濃厚なチーズのコクに負けないローストビーフの旨味に、卵黄やミートソースがからんで味わいに深みが増します。
衝撃の次世代“映えグルメ"、みなさんも味わってみてはいかがでしょうか。

NAGOYA MEAT STATION
住所:名古屋市中区錦1-13-19 B1F
電話:052-265-5865

※ 商品が売り切れの場合もあります。
※ 記事の情報は放送日時点のものです。最新の情報は店舗へご確認ください。
※ 新型コロナウィルスによる臨時休業や、営業時間短縮の可能性があります。詳細は店舗へ確認ください。

(2021年7月17日(土)放送 CBCテレビ『花咲かタイムズ』より)

あわせて読む

pageup