ブーム到来!? 古くて新しい名古屋めし「小倉トースト」~大竹敏之の「シン・名古屋めし」

ブーム到来!? 古くて新しい名古屋めし「小倉トースト」~大竹敏之の「シン・名古屋めし」

名古屋めしの中で今、最も「キテる」一品は何でしょう…?

それは「小倉トースト」です(筆者比)!!

様々なブームを追い風にランキングでも躍進

2022年になごやめし普及促進協議会が行ったWebアンケート「1億人のなごやめし総選挙2022」においては6位にランクイン。「ひつまぶし」「味噌カツ」「手羽先」「味噌煮込みうどん」「天むす」に続く好位置につけました。同会による2015年の同様のアンケートでは12位でしたから、大幅なジャンプアップです。当番組のアンケートでは10位でしたが、それでも並みいる名古屋めしの中でトップ10の常連となっているのですから、あなどれない存在であることは間違いありません。

CBCテレビ:画像「デララバ」

小倉トーストとはバター(またはマーガリン)トーストとあんこを組み合わせた喫茶店スイーツ。あんこの甘さとバターの塩気がマッチし、こんがり焼いたパンの温かさが甘じょっぱさをいっそう引き立てます。実は思いのほか歴史があり、誕生は大正末期。堂々たる100年フードなのです。

近年存在感が増している一番の理由は2010年代以降の「あんバター」ブーム。ハード系のあんパンに固形バターをトッピングしたものなどがベーカリーで人気となり、そのルーツとして名古屋の小倉トーストにも光が当たるようになりました。

もうひとつがSNS時代の到来とレトロブーム。昭和の趣が漂う純喫茶が「映える」とSNSで盛んに投稿されるようになり、名古屋では昔ながらの喫茶店の定番商品である小倉トーストもまた映える対象に。名古屋駅近くの老舗「コーヒーハウスかこ花車本店」が、あんこ+ジャム+クリームトリプルトッピングの小倉トーストで大行列の人気店になったのはその象徴です。

「コーヒーハウスかこ花車本店」(名古屋市中村区)のシャンティールージュスペシャル(小倉トースト)。あんこもホイップクリームもジャムも自家製

今や名古屋めしスナックの一大勢力

小倉トースト人気を裏づける動きも各方面で見られます。例えば名古屋みやげスナック。キヨスクなどで販売される名古屋めしテイストのスナックは、かつては大半が「手羽先味」でした。しかし、2011年発売の「小倉トーストラングドシャ」がロングセラーとして名古屋駅のキヨスクで販売数トップ5に入るほど存在感を発揮し、それに引っ張られるように小倉トースト系の商品がじわじわ増加中。東海キヨスクによると、同社の取り扱い商品のうち手羽先系は37品目、小倉トースト系は19品目(2022年時点)と手羽先系の牙城を脅かす存在に。2023年3月発売の「コメダ珈琲店の小倉トーストサブレ」は発売1週間で4万個の大ヒットを記録し、勢いはとどまるところを知りません。名古屋駅の名古屋みやげスナックシーンでは、小倉トーストがまさしく「キテる!」のです。

「コメダ珈琲店の小倉トーストサブレ」(グレープストーン)は名古屋駅キヨスクで大ヒット商品に。4個入り842円、8個入り1620円

「小倉トーストの日」制定も追い風に下克上なるか!

この人気をさらに後押ししそうなのが「小倉トーストの日」。名古屋の若手喫茶店関係者が中心となってスタンプラリーを開催するなどして気運を高め、2023年9月10日に制定されました(登録名は「愛する小倉トーストの日」)。0910=オグトーの語呂合わせは少々強引な感じもしますが、その分熱い情熱を感じます。来年以降、この記念日を活かした販促が多くの喫茶店で展開されれば、小倉トーストの存在感はますます高まることでしょう。

思えば小倉トーストは、「辛い」「濃い」と表現される名古屋めしの中で、数少ない「甘い」食べ物。ツワモノ揃いの中でも差別化しやすく、甘党の支持をひとり占めできるという強みもあります。小倉トースト普及委員会委員長の高野仁美さんは、冒頭の「なごやめし総選挙」6位という結果に対して「全然納得していません。1位を目指します!」と力強く宣言。名古屋めし界の古株ながら人気は伸び盛り。下克上を狙う小倉トーストの動向から目が離せません!

※記事内容は配信時点での情報となります。

#名古屋めしデララバ

関連リンク

あなたにオススメ

RECOMMENDATION

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE