愛知・岐阜にある初見殺しの「奇道」 周りの道の変化に翻弄されて交差点から切り離された道

2023年11月14日(火)放送
愛知・岐阜にある初見殺しの「奇道」 周りの道の変化に翻弄されて交差点から切り離された道

全国の道に特化したバラエティ番組『道との遭遇』では、道マニアがイチオシの道をご紹介。今回は、岐阜・愛知にある初見殺しの奇妙な道“奇道(きどう)”を巡りました。(この記事では道情報だけをまとめてご紹介します)

2車線道路が突然進入禁止に 行き先がなくなる奇道

画像:CBCテレビ『道との遭遇』

岐阜市のJR岐阜駅南東に位置する「祈年町(きねんちょう)4」の交差点から西へ進むと、名鉄線の線路とぶつかる手前で2車線ある道路が突然“進入禁止”に。

一般的には進入禁止の近くには迂回する道がありますが、ここでは行き先がなく引き返す手段しかありません。そのため、少し手前の「この先50m進入禁止」の看板がある場所で右折しないと手遅れに。

画像:CBCテレビ『道との遭遇』

地元の方曰く、突き当たりで立ち往生したり、一方通行を逆走したりする車が後を絶たず、警察が出動することもあるのだとか。しかし、進められている計画“名鉄名古屋本線の高架化”が令和18年度に完成すると、この奇道はいずれ線路の下を通り、先にある道と繋がるそうです。

交差点の手前で行き止まりになる奇道

画像:CBCテレビ『道との遭遇』

愛知県蒲郡市にある「平田町」交差点近くには、交差点と繋がらず行き止まりになっている道があります。

古くからあるこの道に、新しく建設された道が加わって交差点になり、さらに造られた道が交差点に合流して変則的な4差路に。そこへ別の新たな道が開通し、交差点が変貌していったそう。

蒲郡市によると、変則的な5差路による交通の混乱を避けるため、古くからある道は交差点から切り離され、通行止めになったとのこと。幹線道路としての役目は終えましたが、「沿道に駐車場や家屋があるため、生活道路として確保されているのでは」と道マニアは考察します。

道の真ん中に巨大な石柱がそびえ立つ奇道

画像:CBCテレビ『道との遭遇』

蒲郡市清田町(せいだちょう)の山間部を走る市道を進むと、道の真ん中にそびえ立つ“巨大な石柱”が現れます。

近くにある平安時代・長保2年(1000年)に創建された「石山神社」の石柱で、石柱に阻まれた道は、一番狭いところで幅員2.2m。

地元の方によると、かつて神社の敷地は石柱付近まで広がっており、手前には細い道が走っていたとのこと。その後、神社や山を行き来する車が増えたため、道路を拡張した結果、石柱だけ取り残されたのではないかということでした。

11月14日(火)午後11時56分放送 CBCテレビ「道との遭遇」より

オススメ関連コンテンツ

あなたにオススメ

RECOMMENDATION

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE