CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

夢想話に花が咲く!いつかドラゴンズで4番ピッチャーを!二刀流メジャーリーガー大谷翔平後編

夢想話に花が咲く!いつかドラゴンズで4番ピッチャーを!二刀流メジャーリーガー大谷翔平後編
燃えドラch

夢想話に花が咲く!いつかドラゴンズで4番ピッチャーを!二刀流メジャーリーガー大谷翔平後編

 2020年11月26日(木) 10:50
竹内 茂喜
竹内 茂喜

CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」燃えドラch
川上・井端のすべらない話シリーズ 大谷翔平編

ドラゴンズ黄金時代を支えた投打の両輪でもあり、97年ドラフト同期でもある川上憲伸、井端弘和が、グラブからマイクに代え、イバケンコンビを結成!燃えドラchというフィールドで球界裏話や同僚、ライバル話を大放出!

大好評の川上・井端のすべらない話シリーズ、大谷翔平後編!話は日本プロ野球時代の話から未来の活躍を夢想するまで、イバケンコンビ安定の爆笑トークが冴えわたる!

けた外れのパワー

CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」©燃えドラch

川上『大谷クンって、とにかくパワーだよね!』

井端『なんとなく勝手なイメージよ。オレがミートするだけでドカン!ってスタンドに放り込むイメージなら楽だよね』

前編を未読の方は是非ご参照を。

大谷“投手”と一度だけ対戦経験のある井端さん。
当てただけでピューンとボールが飛んで行った経験則を基に、大谷自身もミートに徹するだけでボールは簡単にスタンドインするのではないかというのが井端理論。
力任せにガツンとかちあげる必要なんていらないという話だ。

川上『オールスターゲームでホームラン競争があった時に、横浜かなんかでやっているのを見て、大谷クン以外の選手、柳田とか外国人バッターがフルスイングでガンガン振っていたのに、あんな軽く振って遥か彼方にボール飛ばしよってね。まるでトスバッティングのような感じで場外へ。あれをテレビで見た瞬間、“もうオレ無理!”って思ったもん !』

井端さんも大谷が日本ハム在籍時のフリーバッティングを他のジャイアンツ選手と一緒に見ていたという。

井端『まあ右に左にね。札幌ドームの電光掲示板に当たるんじゃないかぐらい飛ばしていたよね』

川上『東京ドームは照明のさらに上の部分に当たっとったよね!』

ドラゴンズファンなら忘れもしないだろう、タイロン・ウッズのピッグパワー!
それをも凌駕するのではないかと感じる底知れぬ力。
桁違いというのは大谷翔平のためにある言葉なのか!?

超人大谷翔平の今後

CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」©燃えドラch

今季の大谷は、右ひじの手術後、693日ぶりに投手として復帰を果たしたものの不調を訴え、その後打者に専念。投手成績は2試合に登板し、0勝1敗、防御率37.80。打撃成績は44試合出場、打率.190、7本塁打、24打点、7盗塁と不本意なシーズンを送った。それだけに来季は相当な覚悟をもって挑むこととなる。

川上『今後どうするんだろう?ピッチャーとバッティング』

井端『両方やるんじゃないのかね。でも来年どう、投げれるの?』

川上『難しいんじゃない?今年あれだけ時間かけてやって、出来上がっていなかったとみると、あんまり無理するともう一回手術だったりとかありそうな気がするから』

井端『投げる方はもうちょっと時間かけてくれればね』

無理をしてまでも二刀流を続けるべきではない。
しっかり痛めた箇所をケアし、ケガする前以上の力を発揮できる時が来るまで、“投”の刀はひたすら研ぐのがベスト!
それがイバケンコンビの意見だ。

川上『まあでも、夢だねぇ、二刀流は。ゲームだったら、どうなるんだ?』

井端『四番ピッチャーじゃない?』

川上『内野手だったらどうだろう?ショートなんか守らせたら怪物クンみたいに手伸ばしたら、そのままノーステップで投げられるんじゃない?(笑)』

井端『身体は柔らかそうだしね、身のこなしもよさそうだし』

川上『一回外野でさぁ、外野守っていてノーステップで捕って、ノーステップでサード投げて補殺したことあったよね。』

井端『最初はライトなんか守っていたよね』

川上『とにかく大谷クンは凄いですよ』

実は日本ハム在籍時も4番ピッチャーを実現している大谷。
2017年10月4日、札幌ドームで行われたオリックス戦で、パ・リーグ史上初となる「4番・投手」でスタメン出場し、投げては9回を2安打10奪三振無失点の完封勝利、打っては4打数1安打を記録している。

いつかメジャーリーグの場でも見てみたい、4番ピッチャー。

そして大谷ならやってくれないかと思う夢がある。
アメリカ4大スポーツすべての掛け持ちプレー。
もしそんなことが実現すれば、全米騒然は間違いなし!

アメリカンフットボールNFLでは過去にボー・ジャクソン、ディオン・サンダースが同シーズンにプレーした実績はあるが、バスケットボールNBAやアイスホッケーNHLまで制覇したプレイヤーは未だ存在しない。
クォーターバックでプレーし、レブロン・ジェームスを交わしダンクシュート、そしてシドニー・クロスビーやアレクサンドル・オベチキンらとパックを取り合う雄姿を見せてくれたら…なんて考えるだけで興奮してしまう。

そして、大谷翔平ならやってくれると期待を抱いてしまう。

川上『やっぱり大谷君は…いつかぜひドラゴンズへ!』

井端『どっちで?』

川上『どっちでって、やっぱりバッターがいいんじゃない?ピッチャーだったら毎日見れないじゃん』

井端『もしドラゴンズに来たら、バッターで四番でライトでも好きなところでいい』

川上『もうもう。セカンドでもどうぞ!足伸ばして、手伸ばして、ホイって放ればアウトにしちゃうからね、きっと』

井端『たまに投げたいんでって言っても四番でね』

川上『絶対使えるよね!』

大谷翔平、ドラゴンズ電撃入団!
アメリカ4大スポーツプレーと一体どちらが確率高いのやら?

(竹内茂喜)

 前の記事

次の記事