CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

イバケンコンビ大放言!同級生ライバル高橋由・上原を語る

イバケンコンビ大放言!同級生ライバル高橋由・上原を語る
燃えドラch

イバケンコンビ大放言!同級生ライバル高橋由・上原を語る

 2020年9月29日(火) 10:30
竹内 茂喜
竹内 茂喜
CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」©燃えドラch

CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」燃えドラch
川上・井端のすべらない話シリーズVol.2 ライバル高橋・上原を語る

ドラゴンズ黄金時代を支えた投打の両輪でもあり、97年ドラフト同期でもある川上憲伸、井端弘和が、グラブからマイクに代え、イバケンコンビを結成!燃えドラchというフィールドで球界裏話や同僚、ライバル話を大放出!

第二回第三回の燃えドラchは同級生であり、永遠のライバル球団・讀賣ジャイアンツ投打の主軸であった高橋由伸さん、上原浩治さんを語る!

ひとり次元が違うスーパーマン

イバケンコンビとは、ドラフト97年組の同期である高橋由伸さん。
井端さんの思い出は高校時代まで遡る。

井端さんは東京・堀越学園高、高橋由さんは神奈川・桐蔭学園高と、ともに関東。
練習試合で顔を合わす機会があり、当時の高橋由さんを見て、こう思ったそうだ。

“こういう奴がプロに行くんだ”

その後、高橋由さんは慶応大、川上さんは明治大と東京六大学へ、そして井端さんは東都の亜細亜大へ揃って進学。

なんと高橋由さんは1年生から5番に抜擢され、チームの主力打者として猛打をふるった。
当時の活躍する姿を川上、井端さんはともに“野球センスの塊”と表現。外国人ばりのどっしりした構えで、神宮球場の右中間スタンド中段から上段へボールをピンポン球のように飛ばしていたという。

井端『ちょっと音が違ったよね』

二人ともに記憶に残っていたのが、当時行われた東都選抜VS東京六大学選抜という交流試合。

井端『東都は1イニングずつだったけど、皆プロに入ったピッチャーばかり投げていたでしょ?澤崎さんとか黒田さんとか(ともに広島へ入団)』

当時の東都の野球は、各チームにドラフトへかかる好投手が揃っていた為、2-1とか1-0という接戦が多かった。

井端『錚々たるメンバーが1イニングずつ皆、ビュンビュン投げるわけ。でもヨシノブは出てきた全員からヒットを打つという。しかも2ホーマーぐらい打っているのよ!』

川上『そうそう!あれは凄かったよね!ヨシノブってねぇ、一人で全部やっつけちゃうって
感じじゃない?バッターだけでなく途中リリーフで投げたりした時もあったりしてね。それで145キロぐらい投げちゃうの。こっちは同じくらいのスピードを四苦八苦して投げていたというのに』

井端『ピッチャーでも面白かったんじゃないの?』

川上『うん、ピッチャーやっとっても、サードなんかでもプロに入って活躍していたんじゃないかなぁ』

まさに一人次元が違うスキルを発揮していたようだ。

ロン毛とグッチとヨシノブ

さらに二人の高橋由さん話は野球以外に飛び火する。

川上『ヨシノブで衝撃だったのは1年生の時、ロン毛気味で後ろ髪を伸ばしていたよね。明治とか亜細亜のオレらは丸坊主なのに。それよりショックだったのは…』

それよりショックだったのは?
聞いて驚くなかれ!
高橋由さんが履いていた靴、それは……

イタリア老舗ブランド・グッチ!
なんと学生服にグッチ!
ハイソサエティの香りがプンプン漂うぞ!

ちなみに川上さんはリーガルもどきの革靴……かなりの衝撃を受けたという。

井端『(野球以外でも)とにかく一人だけ次元が違う感じだったよね!』

憲伸曰く“プロ入りのきっかけを作ったのはオレです!”

同級生だが、一浪し大阪体育大へ入学した上原浩治さん。
当時の思い出を振り返る二人。

プロに入ってからは真っすぐとフォークのイメージが強い上原さんだが、大学で活躍し出した頃は真っすぐとスライダーが持味だったとか。

川上『スライダーがいわゆる基本というか、ちゃんと横に曲がる。パワプロ風でいうと、(矢印が)ヨコとタテみたいな感じのね』

井端『プロに入ってきたら、スライダー投げやしないしね!フォークばかり(苦笑)』

大学3年時、日米大学野球選手権大会で大会タイの14三振を奪う活躍を見せ、日本代表入りした上原さん。

その年の8月、スペインにて行われたインターコンチネンタルカップ決勝で、当時国際大会151連勝中だったキューバ相手に先発し、完封。勝利投手となり、一気にドラフト超目玉に躍り出た。

ここでぶっこむ!
プロに注目されるきっかけを作ったのがなんと!川上さんだったというではないか!

川上『オレのおかげやと思う。日本代表の投げるべき試合の直前に足首を骨折しちゃって、それで投げられなくて。それで急遽投げる予定のなかった上原が先発することになったのよ。そしたら、キューバ相手に9回完封!3-0で!そこからスカウトが注目するようになった。“誰や!誰や!”って』

ユニホーム着るセンスないよね?

野球の“凄い人”だけの話で終わらないのがこのすべらない話シリーズ。
このスイッチの入り方がこの二人、なんとも絶品である。

何故か話題は上原さんのユニホームの着こなしへ。

川上『上原っていうのは、野球のユニホームを着るセンスが本当になかったよね!』

なんとも強烈すぎる言葉だ。
野球人にとっての戦闘服でもあるユニホームを着るセンスのなさについて、突然爆弾を投下した川上さん。
その話に異議を唱えず、井端さんも同意。
ええっ!そんなに酷いのか?

川上『何がおかしかったんやろ?誰かのユニホームをそのまま着たような感じ?サイズ合っていないのを着てたとか(笑)』

井端『なんかイメージではちょっと(腿の部分が)太くて、裾がピュッとしまっている感じ?』

川上『裾も最後までいってないの。中途半端の下までいくならいく、上までいくならいくというか』

目をつぶって考えてみた。
うむ、確かに口元が緩んでしまうな、こりゃ!(笑)

 前の記事

次の記事