CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

ドラゴンズ突然のトレード通告。大島洋平が新天地へ向う仲間と強く誓った約束。

ドラゴンズ突然のトレード通告。大島洋平が新天地へ向う仲間と強く誓った約束。
アナウンサーコラム

ドラゴンズ突然のトレード通告。大島洋平が新天地へ向う仲間と強く誓った約束。

 2019年7月4日(木) 10:10
宮部 和裕
宮部 和裕

「とにかくスタートが肝心だぞ!と、これだけは強く伝えました」

ドラゴンズ大島洋平選手が、新天地へ向かう仲間へ向けた言葉。特にかわいがっていた後輩たちへ。

2019年6月30日。ドラゴンズ今季初の5連勝、しかも新体制初のサヨナラ勝ちの歓声からわずか3時間後の日曜の晩、オリックスバファローズとのトレードが発表。松井雅人捕手と松井佑介外野手、オリックス松葉貴大投手と武田健吾外野手による2対2のトレード。そしてスティーブン・モヤ外野手の金銭トレード。既に新チームでの背番号も発表され、即一軍戦力としての両チームでの活躍が期待されている。

トレードという響きには、自分が少年ドラゴンズ会員だった幼少期、大好きだった田尾安志さんや牛島和彦さんらの電撃トレード発表の衝撃が、未だに付いてまわり、忘れられない。

ミズノ社製の外野用の田尾モデルグローブを抱いて寝ていた自分にとって、ショック以外なく、西武ライオンズの一員としてナゴヤ球場へ帰ってきた時は、レフトスタンドの最前列に陣取った。牛島さんのトレードの時は、三冠王がドラゴンズにやってくる楽しみよりも、4対1という数の人生が動くという事実に、プロ野球の勝利のためのシビアさを痛感した。

ただ、だからこそ、牛島さんはセパ両リーグでリリーフのタイトルに輝くことができ、引退後はベイスターズの監督就任、前年最下位のチームを初年度でAクラスに導きました。自身のケガの苦しみや克服法をセパの若手に伝え続けたことも、ドラゴンズ一筋とはまた違った幅広い評論家活動に滲み出ている。

もちろん、今回のトレードは、同じドラゴンズとはいえ、実績も時代も異なる。かつて、セ・パ4球団に渡ってプレーした与田剛監督も明言。

「5人が少しでも試合に出られるよう、時間をかけて球団と判断した」

ドラゴンズ、アリガトウ

スティーブン・モヤ選手©CBCテレビ

それが分かっていても、ファンは、もうドラゴンズのユニフォーム姿がもう見られないことには、感傷的になる。
来日わずか1年半のモヤ選手は、とにかく日本語を覚えるのが早かった。ナゴヤ球場に別れを告げる際、グラウンドに向かって、日本式のお辞儀を深々とした。

「ドラゴンズ、アリガトウ」と。

ファンへの感謝と外国人枠の悔しさを胸に秘め、新天地へ向かったモヤは、移籍会見直後に即練習合流、なんとスタメン初打席でホームラン。
あのラルフ・ブライアントばりの引っ張りで特大本塁打を放ち、新本拠地を沸かせた。

札幌遠征、並びの打順で

宮部アナと松井雅人捕手©CBCテレビ

その移籍後初本塁打のモヤ選手生還後のベンチ前で、抱きかかえられたのは松井雅人捕手。

ドラゴンズラストゲームとなった日曜のサヨナラ勝ちの瞬間、松井雅は、
笑顔でベンチを飛び出し、無邪気にヒーローを讃えた。あの時、一緒に水を掛けにいった堂上直倫選手とは、最も親しかった。家族ぐるみで、お子さん同士は同い年だ。

堂上選手が語る。

「お互い一番仲良しって言い合えますね。思い出といっても、いっぱいあり過ぎて。共に控えのベンチの日もあった中
で、高木守道監督時代の2013年の札幌遠征、当時、谷繁さんや井端さん、荒木さんがいる中、そろって久々のスタメンで、ミヤビさん(松井雅人捕手)と並びの打順で。ゲームセットの瞬間をグラウンドで迎え、握手できたことがたまらなかったです。でも、こうやって言葉にしちゃうと安っぽくなっちゃいますね」

来年また、ニッセイで

戸井康成さんと松井佑介選手©CBCテレビ

そして、冒頭の約束は、大島洋平選手が松井佑介選手に向けた言葉。二人は、毎年一月、大阪にある大島の古巣ニッセイの施設で、自主トレを共にし、体を追い込みあっている。大島組から高橋周平内野手が覚醒し、アジャと愛されるロッテ井上晴哉内野手は、桁外れのパワーを魅せる。今では珍しくない他球団選手との合同自主トレの場。それを踏まえ、実に先輩である大島選手らしい言葉を選んでくれた。

「プロは、努力=結果といえる世界ではないけれど、佑介はいつもしっかりやっている。この先に活かしてほしい。いつかこのトレードを振り返った時、オリックスへ行ったことが、良かったのか良くなかったのか、分からないような成績ではダメ。オリックスのためにも。だからこそ、新天地で一軍に上げてもらったら、スタートが肝心だぞと、伝えました。求められて移籍してきて、最初の姿が評価されるから。あいつなら、大丈夫っしょ。なので、約束したんです。来年また、ニッセイで一緒にトレーニングしようなって。そのために、お互い長く現役で頑張らないと!」

そして、約束といえば、もうひとつ。
今年の秋、シーズンオフ、ボクらのCBCラジオ「ドラ魂キング」への凱旋出演も。オリックス球団了承のもとなら、と快諾していただいた。

バファローズへ行く松井雅人、佑介選手とモヤ選手。そして、ドラゴンズにやってくる松葉、武田両選手の新天地での活躍を祈って。燃えよ!ドラゴンズ!

【CBCアナウンサー 宮部和裕 CBCラジオ「ドラ魂キング」(毎週水曜午後4時放送)他、ドラゴンズ戦・ボクシング・ゴルフなどテレビ・ラジオのスポーツ中継担当。山本昌ノーヒットノーランや岩瀬の最多記録の実況に巡り合う強運。早大アナウンス研究会仕込の体当たりで、6度目の優勝ビール掛け中継を願う。】

 前の記事

次の記事