CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

待望の「井端・根尾対談」与田監督からの伝言で、思わず震えた根尾の声

待望の「井端・根尾対談」与田監督からの伝言で、思わず震えた根尾の声
ドラゴンズを愛して半世紀!竹内茂喜の『野球のドテ煮』

待望の「井端・根尾対談」与田監督からの伝言で、思わず震えた根尾の声

 2020年2月10日(月) 16:51
竹内 茂喜
竹内 茂喜

「【ドラゴンズライター竹内茂喜の『野球のドテ煮』】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム」

投はバチバチ、打はメラメラ

「サンデードラゴンズ」に出演する川上憲伸さんと赤星憲広さん©CBCテレビ

キャンプも第二クールを終了。
三ツ間が左肋骨(ろっこつ)の疲労骨折が判明し、名古屋へ戻った以外は大きなケガもなく、各選手、順調に調整が進んでいる模様。

ゲストコメンテーターの川上憲伸さんは、ピッチャー陣がブルペンでバチバチ感のあるライバル心むき出しの投球練習を見て、今年のドラゴンズは強くなると確信!ここまでのオススメ選手として投手ではなく岡林勇希外野手を指名。今までのドラゴンズにいない、パ・リーグタイプのスイングをするのがなんとも気に入ったそうだ。

「サンデードラゴンズ」より赤星さんの開幕スタメン予想©CBCテレビ

また赤星憲広さんも野手陣も負けずにメラメラ闘志が出ていると感想を述べた。気になった選手は高橋周平内野手に注目!バッティング練習を見ていて、以前はどちらかというと後ろから前へちょっとスウェーする動きがあるタイプだったのが、今ではまったくなくなった。間違いなく今年も結果を残すと太鼓判を押した。

打つしかない!

「サンデードラゴンズ」より根尾昂選手©CBCテレビ

今年はオリンピック開催の影響で、開幕が一週間前倒し。早くも練習試合も始まり、実戦モードに突入。やはり気になるのは昨年一年、プロの厳しさに煮え湯を飲まされた根尾昂内野手、いや今では兼外野手と書いても良いだろう。練習を行うことが今までの根尾を支えてきた原料だけに今キャンプも連日全体メニユーをこなした後、居残り練習で特打をする毎日。連日9時間超えのトレーニングをこなしている。

一軍で経験を積みたい、ならば打つしかない。

入団時、プロはショート一本でと誓った自らの意志をあえて封印。外野へ転向してまでも一軍でのプレーにこだわりを見せる根尾。慣れない外野守備も今では英智外野守備走塁コーチからも褒め言葉をもらえるまで成長。今キャンプで一軍キップ手形をもらえるよう、打力向上に汗を流す。

そんな根尾とゴールデングラブ賞7度受賞し、常勝ドラゴンズを支えた名手、井端弘和さんとの対談が実現。互いのショートへの思いを熱く語り合った!

外野の経験を内野へ活かせ!

「サンデードラゴンズ」より井端弘和さん©CBCテレビ

一年プロ野球の生活を体験し、思っていた以上にきつく、自分自身の体力のなさを痛感したという根尾。それに対し、井端さんは高卒一年目にしてはよくやったと評価したものの、根尾へ偽りのない思いをぶつけた。

「2年目はどうかな?という時に、外野転向というのは、個人的にはもったいないなというのが、最初に思った正直な気持ちだったんだけど…」

根尾の試合に出たい気持ちは分かる。ただショートとしてプロで勝負したいのならば、今は経験を積む時では?井端さんの思いはこうだったはず。しかしまた根尾がこの道を選んだ気持ちもよく理解できる。井端さん自身もショートのレギュラーをつかむまでは外野もこなしながら、一軍のレギュラー競争に挑んだ一人だからだ。だからこそ自身の外野経験を根尾へ伝えた。

「サンデードラゴンズ」より井端弘和さんと根尾昂選手©CBCテレビ

「ちょっと外野で特守しているのを見て、ああやって内野も動けばいいんじゃないの?あれぐらい捕る間際で落ち着いた方が捕れる。あのリズムで内野に入ったら、いけそうな気がしていたので外野やるのもいいかなと思ったね」

井端さんのアドバイスに目を輝かせて聞き入る根尾。そこで井端流のジョークがさく裂する!

「結構(外野は)ヒマでしょ?」

打てば開幕スタメン

「サンデードラゴンズ」より根尾昂選手©CBCテレビ

守備から話題はバッティングへ。その時井端さんが根尾へ爆弾発言を飛ばす!

「与田さんがね、(根尾が)“打ったら開幕スタメンもある”と言っていた」
それを聞いた根尾は即答!

「打ちます!!」

与田流リップサービスも多少入っていると想像できるが、打てば使いたくなるのが監督の本音だろう。ましてや金は金でも純金の卵である根尾昂。オープン戦で結果さえ残せば、ファンの声も後押ししよう。

「サンデードラゴンズ」より井端弘和さん©CBCテレビ

入団以来、試行錯誤しながらバッティング改善に励む根尾。こだわりは何?との井端さんの問いに、

「2ストライクから絶対三振しないようになんとか粘ってという期間もあれば、右に強く引っ張ってみようという期間もあったり。結構まちまちかなと思います」

常に目的意識を持ちながら打席に立つ根尾に感心しつつ、今までの経験を語り続ける井端さん。

「色々やるってことは経験になるし、スキルアップには欠かせないことだから。まあ、バッティングは慣れだからね。年数重ねれば、いつか打てるようになっていくから。オープン戦なんとか3割打ってくれれば開幕スタメンも夢ではない。開幕1番根尾。ボクは開幕スタメンを予想したので、期待しています!」

「サンデードラゴンズ」より井端弘和さんと根尾昂選手©CBCテレビ

最後に激励の言葉で締めた井端さん…かと思いきや、そこからが根尾の真骨頂!ネットで見たという井端さんの椅子を使ったスローイング練習法の極意を質問攻め。それを嬉しそうにイチから説明する井端さんの姿はなんとも微笑ましい一時に見えた。プロがプロに教える。またひとつ技を吸収した根尾。グラウンドで見る彼の動きはきっと変わっているだろう。ノンストップベースボール。根尾昂の進化は止まらない。

がんはれドラゴンズ!燃えよドラゴンズ!

(ドラゴンズライター 竹内茂喜)

 前の記事

次の記事