CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

鳴き声をあげながら必死で…排水溝にシッポが… 59歳の男 飼いネコを浴槽で泳がせ画像投稿して逮捕

 子ネコが1分半にわたり、足がつかない状態で泳がされていました。警察はこの動画を撮影した飼い主の男を、動物愛護法違反の疑いで逮捕しました。

 片手でおもむろに体を掴んだ飼い主…。浴槽の中に投げ込まれた1匹の子ネコ。

 「泳ぎが得意なリカコです」

 (男)

 動画には、浴槽の中で鳴き声をあげながら、一生懸命に泳ぐ姿が映っていました。この映像は、去年7月ごろにSNSに投稿されたものです。

 「安全のために(浴槽の)湯は抜いてます。あとずっとつきっきりでいますので、溺れることはありません」

 (男)

 しかし、助けを求めるかのように鳴き続ける子ネコ。徐々にお湯は抜けていっているため、排水口に後ろ足やシッポが、吸いこまれそうになる場面も…

 「いかんいかん。助けてあげよう」

 (男)

 飼い主の男はようやく子ネコを浴槽の外へ。

 「一般的にネコは水が苦手です」

 (名古屋市動物愛護センター職員)

 男が撮影したこの動画が去年、SNSに投稿されてから、名古屋市動物愛護センターには多くの連絡が入ったと言います。

 警察は、こうした行為が動物虐待にあたるか慎重に捜査を続け、茨城県取手市に住む、飼い主で、無職の59歳の男を動物愛護法違反の疑いで逮捕・送検しました。

 警察によりますと、男は去年6月に住んでいた名古屋市東区の自宅で、ネコをおよそ1分30秒足がつかない状態で泳がせて、虐待した疑いが持たれています。

 取り調べに対し男は「虐待はしていない。安全に気を使っていた」と容疑を否認しています。

 また、男が飼っていたこのネコは現在、どこにいるのか分からなくなっているということです。警察は容疑の裏付けを進めるとともに、動機についても調べています。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる