浩制作発表
出演者勢ぞろい 会見の模様

出演者・スタッフのコメント
生稲晃子  まさかパート4まで続くとは思いませんでしたね。パート1のころは春子になりきろうと意識していましたが、今はセットに入ると自然に春子になれます。この4年間、本当の子供の成長を見てきたような気持ちですね。今井家は相変わらずのトラブル続きですが、いつも笑顔でいようという強さと優しさがあって今回も視聴者の皆さんに楽しんでもらえると思います。
川野太郎  子供たちは本当に成長していますね。パート1から考えると、健一なんて30センチくらい大きくなったし、浩くんも今、声変わりをしています。一年ぶりに会うと「何を話せばいいのかな」と考えてしまいますが、一日ですぐに元の関係になれます。今井家にはそうした不思議な「一体感」がありますね。今回、大介は2度目のリストラを経験するのですが、決してめげることなく頑張りますよ。
井上真央  恋愛で悩んだりタンカきったり、今回の茜はいろいろな表情を見せますね。性格は相変わらずですけど、パート1に比べたら恋もして、女っぽくなったなと感じます。パート4も学校で問題がいろいろ起きますが、家族全員で話し合ったりぶつかりあって解決していくので、そういうところを見てほしいですね。私と同じ年代の人たちにも共感してもらえると思います。
小谷幸弘  今回の健一はフリースクールから学校へ戻ってきました。学校に恋愛に必死に向かっている姿、弟のいじめに必死に向かう姿を見てほしい、と思っています。今回は結構、3枚目の役をたくさんやらせてもらったので楽しく演技ができました。
宮崎真汐  今までは、いじめてばっかり役でした。しかし、キッズ・ウォー4では中2らしく恋もしちゃったりします。家族の前とは違って男の子の前では、優しい感じになろうと思って演じていました。勉強との間で葛藤しているようなかわいい里香ちゃんにも注目してください。みんなに共感してもらえるとうれしいです。
斉藤祥太  初めて、双子でドラマの共演をします。正直言いますと、最初はイヤだったのですが、だんだん慣れてきました。自分個人としては、茜ともう一人の転校生と翼の関係を見てほしいです。3の時は一平で4では転校生の祐太郎。僕が本当に茜のような態度をとられると耐えられないかもしれませんね。
斉藤慶太  今回、翼の双子の役として登場します。最初はスタッフも出演者も知らない人ばかりで緊張していました。しかし、スタッフの方々が気軽に話しかけてくれたので、すぐ仲良くなりました。一週間くらいで、現場にはなれることができました。
そして、今回の役では里香ちゃんと恋をします。里香ちゃんとの関係に注目してほしいですね。
堀場プロデューサー
 今井家は何があっても必ず家族全員で夕食をとり、いつも悩みを話し合っています。昨今では非現実的なことが普通の情景として存在している。そういうところが憧れの家族して共感を呼ぶのではないでしょうか。今回もイジメやセクハラなど身近な社会問題に、春子や茜が真正面からぶつかって解決していきます。スカッと気持ちいいエンターテインメントをお楽しみに。

スタッフ
製作 中部日本放送 (CBC)
脚本 畑嶺明
プロデューサー  山本恵三、堀場正仁
演出 小森耕太郎
堀場正仁
榊原正樹
松井智人
西村 信
 
主題歌 「素直になれなくて」
作詞・作曲/広瀬香美
編曲/野崎貴朗
歌/未来−MIKU−
(ドリーミュージック)
出演者
今井春子 生稲晃子
今井大介 川野太郎
今井 茜 井上真央
今井健一 小谷幸弘
今井里香 宮崎真汐
今井 浩 金澤 匠
紺野 翼 斉藤祥太
新田一也 斉藤慶太
黒木祐太郎 崎本大海
今井友恵 島かおり
  ほか