子連れ同士の再婚夫婦、春子(生稲晃子)と大介(川野太郎)。元ヤンキーの春子とエリートサラリーマンだったがリストラされ、無職となった夫・大介夫婦の今井家は現在、二男三女、と大介の母友恵(島かおり)の8人家族の大所帯。

 リストラされた夫・大介にかわり春子が勤めていた兄の営む工務店は不況で店をたたんでしまった。春子はその後、兄が新たに始めたサンドイッチ・カフェを手伝って働いている。

 生活を支えるために大介も料理雑誌の編集社に再就職するが、慣れない仕事に四苦八苦。

 正義感はいっぱいだが、トラブル・メーカーでもある茜(井上真央)と、同じ年で優等生の義理の姉妹・里香(宮崎真汐)は小学校から中学校に進学。だが、何かと衝突しては家族や友人たちを心配させている。学校教育に疑問を持ち続けている兄・健一(小谷幸弘)は依然フリースクールに通い、小学生の弟・浩(金澤匠)はイジメられっ子をかばうほどにたくましく成長している。  再婚後に誕生した末娘の真理(渡辺ルナ)は、友恵が熱心に主宰する幼児英才教育スクールで優秀さを発揮する。

 順風満帆な今井家の面々……な訳もなく、何かと問題の多いこの世の中。ますます多感になった年頃の子供たちには様々な苦難がふりかかってくる。

 母・春子は思い悩みながらも、時には困難にぶつかりながら成長する子供たちを温かく見守り、ある時は持ち前の正義感と明るさで、数々のトラブルに果敢に立ち向かってゆく。頼もしくも愛らしい母・春子を今回も生稲晃子が好演。