1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
 
8月13日(月)
 健一(小谷幸弘)は必死の思いで学校に行き、テストを受ける。大介(川野太郎)や友恵(島かおり)はこの件を大歓迎するが、健一は登校することにプレッシャーを感じ続けていた。そんな健一を春子(生稲晃子)は、無理に学校に行かなくてもいいとかばう。健一のテストの結果はクラスで5番。今井家の人々は「立派なものだ」と感心するが、内心トップを狙っていた健一は気落ちしてしまう。
 
8月14日(火)
 浩(金澤匠)のクラスメート・由美(伊原茉莉花)が、家庭で母親に虐待を受けているらしい。家に帰りたくないと泣く由美を、浩は自分の家にかくまい助けようとする。春子(生稲晃子)は由美の母親に事実を正すが、母親は否定、そ知らぬ顔で由美を連れ帰ってしまう。一方、里香(宮崎真汐)はかつて自分をイジメていた連中に復讐を開始。仲間と共にイジメ3人組の1人・眞弓(高橋祐月)がトイレの個室に入っているところに頭からバケツの水を浴びせかける。その現場を茜(井上真央)が目撃する。
 
8月15日(水)
 里香(宮崎真汐)がイジメをしていたことを知り、春子(生稲晃子)や大介(川野太郎)は大ショック。里香を厳しく叱り反省を促す。茜(井上真央)のクラスに、ブラジルからの転校生・シンシア(グレーシー)がやって来た。さっそく一平(浅利陽介)達が彼女にからんでいると、翼(斉藤祥太)が来て彼女を助ける。シンシアはそんな翼に好意を抱き、積極的にアプローチを開始する。
由美(伊原茉莉花)は相変わらず母親から虐待を受けているらしい。春子は担任の山村(正希光)にかけあうがラチがあかない。そんな中、浩(金澤匠)は由美が母親にぶたれているのを目撃、再度彼女を自宅にかくまう。
 
8月16日(木)
 春子(生稲晃子)達は由美(伊原茉莉花)を虐待から守ろうとするが、由美の母親は彼女を今井家から無理やり連れ帰ってしまう。見かねた友恵(島かおり)は大沢校長(大和田伸也)に相談、児童相談所にかけあってもらうことに。
一方、茜(井上真央)のクラスメートの良太(濱嶌瑞樹)は、一平(浅利陽介)らに恐喝を受けていた。茜は良太を助けようとするが、彼らの報復を恐れる良太は被害を認めようとしない。ある時公園で良太は「これ以上金は出せない」と一平らに懇願するが、一平の恐喝仲間の先輩2人は良太を角材で殴り倒し、大ケガを負わせる。
 
8月17日(金)
 茜(井上真央)は倒れている良太(濱嶌瑞樹)を発見する。良太のケガは入院するほどのひどさだが、報復を恐れる良太は、恐喝されている事実を認めない。茜は話をつけようと一平(浅利陽介)の自宅に行くが、一平はおらず、彼の幼い弟・和也(鈴木駿)がぽつんと1人いるだけだった。おなかをすかせている和也に、茜は弁当を買ってきて食べさせる。
翌日、茜が再度一平のアパートを訪ねると、和也が熱を出して1人でいた。茜はその日が自分の誕生日で家族が帰りを待ちわびているにもかかわらず、和也を看病して一晩を過ごす。
一方、事情を知らない春子(生稲晃子)は、朝帰りした茜をひっぱたく。