1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
 
8月6日(月)
 クラスの女子3人組からの執拗なイジメに耐えられなくなった里香(宮崎真汐)は、彼女らにナイフを向ける。この件に驚いた春子(生稲晃子)はイジメの事実を認めさせようと学校にかけあうが、学校側は責任はむしろ里香にあると、イジメ側の非を認めない。
これに増長した3人組は、里香のカバンの中にクラスの不良・一平(浅利陽介)の財布を入れ、里香をドロボウに仕立て上げようとする。担任の吉野(伊沢勉)は証拠もないのにそれを里香の仕業と決めつける。
 
8月7日(火)
 財布紛失事件の翌日、茜(井上真央)と里香(宮崎真汐)はクラス全員に無視される。里香に財布を取られたと思い込んでいる一平(浅利陽介)が、全員にそうするよう脅しをかけたのだ。さらに3人組は里香をイジメ続けようとするが、茜が目を光らせているためうまくいかない。そこで彼女らは一平に金を渡し、里香をやっつけてほしいと買収。一平はそれを受けたものの、茜と翼(斉藤祥太)に逆にやっつけられる。茜のアドバイスを受け里香は、イジメ組の一人・眞弓(高橋祐月)と一対一のケンカにのぞみ、勝利する。喜んだ里香は素直に茜に感謝の意を伝えるのだった。
 
8月8日(水)
 ある日、春子(生稲晃子)の店に、茜(井上真央)の実父で、春子の前夫・中西(宇崎慧)が現れた。茜は久しぶりに父親に会えて喜ぶものの、中西が借金取り立てというヤクザな仕事をしていると知り、ショックを受ける。
小学生の浩(金澤匠)は、好意をよせている由美(伊原茉莉花)が、教師の山村(正希光)にバカにされたせいで不登校になってしまったことが許せず、山村を蹴飛ばす。山村は春子の元に苦情を言いにいくが、「自分の行為を反省しろ」と、逆に叱り飛ばされてしまう。
 
8月9日(木)
 翼(斉藤祥太)がまた家出をした。勘を働かせた茜(井上真央)が中学の教室に行ってみると、翼はやはりそこにいた。長野から出てきた父親と口論になり、家を飛び出たという。茜は翼と、毛布にくるまり朝まで過ごす。健一(小谷幸弘)はこのことを察するが、茜を思いやり家族には伏せておく。
里香(宮崎真汐)は、父・大介(川野太郎)が末娘・真理(渡辺ルナ)ばかりかわいがるのが気に入らずある晩の食卓で、茜相手に猛烈にやつあたりをする。怒った大介が里香をひっぱたくと、里香は「私のことなんてかわいくないんでしょ」と泣き出す。
 
8月10日(金)
 里香(宮崎真汐)は英語の教材が欲しいが家計を考え言い出せずにいた。ところが父達が真理(渡辺ルナ)にばかり色々買い与えるのを見て、怒りを爆発させる。大介(川野太郎)や春子(生稲晃子)は、里香にもっと気を配るべきだったと反省する。
フリースクール「ひまわりの家」に通う健一(小谷幸弘)は、クラスメートの水野真美(石田梨里)がその姉・あゆみ(杉本友莉亜)にいつも無理やり連れ帰らされるのに頭にきていた。あゆみは「ひまわりの家」の価値を認めていないのだ。健一はフリースクールでもきちんと学習できることを証明するため、学校でテストを受けることをあゆみに約束する。
さて、テスト当日。健一はプレッシャーのあまり登校途中、気分が悪くなってしまう・・・。