5月31日
バックナンバー 最新のニュース
今や女子中高生のニューヒロインとなった、茜ちゃんこと井上真央ちゃん。3の時の髪型は大好評であったが、今回は少し変わって、ご覧のような髪型に。男っぽい茜だけではなく、16歳井上真央の大人っぽい素顔も垣間見ることができる。
とはいえ「茜は相変わらず言いたいことを言って、見ている人をスカッとさせますよ」と真央ちゃんが言うように、スペシャルでも茜ちゃんが大暴れしてくれることは間違いなし。そして、真央ちゃんいわく「犯人探しのシーンでは、大きな見せ場がある」とのことだ。しかし、それが"何か"は秘密。放送を見てのお楽しみ!
キッズ・ウォーシリーズに前田愛ちゃんが初登場!前田愛ちゃんと言えば、『あっぱれさんま大先生』で有名だったが、現在はもう19歳。実生活では大学生であり、ドラマの中でも、イジメの経験をもち、将来は子どものための先生を目指しているという体験村のボランティア大学生を演じている。
また、このスペシャルでは、健一と一平が憧れの女性をめぐって争奪戦を繰り広げるのだが、その憧れの女性こそ、前田愛ちゃんなのだ(・・・一平はもう茜のことはいいのか!?)。翼と茜の感激の再会はもちろん、この二人による前田愛ちゃん争奪戦も見逃せない!
5月24日
前回紹介した長野県中条村にある廃校に、新聞、雑誌、地元テレビ局など20社以上・約30人の取材陣が殺到した!まず収録の合間に、取材陣のインタビューに応じてくれたのは健一こと小谷幸弘くん。連日のロケでの疲れを見せることもなく、取材熱に燃え盛る記者たちの質問の嵐に丁寧に答えてくれた。そして、驚いたのは出演者がそろった写真撮影。多数のカメラマンの撮影によるシャッター音に包まれた現場は、まるで記者会見のような雰囲気だった。脚本家の畑先生とプロデューサーへの取材では、質問はスペシャルだけに止まらず、キッズ4にも向けられた。キッズ・ウォー戦火の勢いは止まるところを知らない!
皆さんご存知、キッズ・ウォー3の主題歌「secret base〜君がくれたもの〜」。ミディアムテンポのバラードで、せつないメロディーと詞がドラマのイメージにぴったりだった。ストーリーの進行とともにじわりじわりとセールスを伸ばし、9月3日にはオリコンデイリーチャート1位も獲得したほどである。そして、この「secret base〜君がくれたもの〜」を歌うZONEのライブが、なんと7月30日(火)にCBC主催で行われる!その名も“ZONE FIRST SUMMMER LIVE〜子ぐまの大移動・大暴走だべさツアー〜”。場所は名古屋市中区のクラブダイアモンドホール。詳しくは、こちらへ。
5月17日
『キッズ・ウォースペシャル』が5/9クランクインした!CBC/TBS系列の昼ドラマが2時間ドラマになるのは初めてのことである。スペシャルでは長野県に夏休み体験学習に来ていた茜と春子たちの前である事件が発生!というサスペンス版のキッズ・ウォーが幕を開ける。もちろんこのスペシャルでも今までの「キッズ・ウォー」シリーズならではの「他人への思いやり」という普遍のテーマを軸に、今回もいじめ、援助交際など世の中に渦巻く不正に春子と茜のタンカが炸裂する。長野収録は中条村、飯鋼高原、野尻湖などが舞台で、のどかな牧草地や牛舎、それに築90年の古い廃校などでロケが行われた。収録は名古屋のCBCのスタジオを含め、5月いっぱい行われる。
キッズ・ウォースペシャルは長野県の「夏休み自然体験学習」に来ていた茜と春子たちの前で、突然、ある大事件が発生し、おなじみ"お騒がせ今井ファミリーと仲間達"が事件解決に乗り出す、というサスペンスタッチのストーリー。ロケ地として選ばれたのも、築90年2階建ての木造校舎で、独特のおどろおどろしい雰囲気を醸し出している。セットは美術スタッフによって作られたものもあるが、一部の破れたカーテンやクモの巣などはそのまま校舎に残っていたものだという。廃校での撮影は夜間にも行われ、里香役の宮崎真汐ちゃんは「長野に来られたのはうれしいけど、夜の撮影は本当に真っ暗。お化けが出てきそうな雰囲気で怖かった」と話していた。
  5月10日
お騒がせkidsの中でも男勝りの茜役を演じる井上真央ちゃん。中学時代は実は美術部に在籍していたという。そして「油絵が趣味」とのことだが、真央ちゃんは、なんと「似顔絵の達人」でもあるのだ。そこで、今回、その真央ちゃんに力作を披露してもらった。さて、そのモデルとなったのは・・・。そう、眉毛が伸びた一平くんこと、浅利陽介くん!完成品を陽介君に渡して、「家に飾ってね、プレミアになるから」と言う真央ちゃんに対して「似てねーよ」と言う浅利陽介くん。しかし、実際のところ、ご覧のようにかなり似ていると思うのだが、みなさんはどう思いますか?
ドラマの中の紺野翼と斉藤祥太くん本人って似ていると思う?この質問に対して祥太くんはこのように答えてくれた。「似ているということにしてくれたら、かっこいいってことだからうれしいけど、あまり似てないと思う。一番違うところは、翼くんは暗いけど、祥太くんは明るいってことかな」。では、自分でそう言うくらいなら、明るい祥太くんを証明していただこうということで、祥太くんにお得意の一発芸を披露してもらった。「ぴぃ、ぴぃ、ぴぃ、ぴぃ」。・・・鳥のものまね。地味だなぁ、そう思うことなかれ。映像で見たら結構笑えるのだ。お見せできないのが本当に残念!