第9週 7月24日(月)〜7月28日(金)

シーン1 シーン2

7/24日(月) ● 第41話
 浩(金澤匠)がクラスメートからイジメを受けていると打ち明け、今井家のみんなはショックを隠せない。春子(生稲晃子)は無理して学校へ通うことはないと言うが、教育熱心な友恵(島かおり)は絶対に学校へ通うように浩に迫る。一晩悩んだ浩は、頑張って学校へ行くことにする。だが浩を心配した茜(井上真央)が様子を見に行くと浩はクラスメートに無理矢理、服を脱がされ、廊下に立たされていた。茜は浩の担任にイジメをやめさせるよう訴えるが、全く取り合ってもらえない。怒った茜は・・・。



25日(火) ● 第42話
 翌朝、茜(井上真央)はガングロコギャルメイク、浩(金澤匠)はド派手メイクで職員室へと乗り込む。浩の担任にイジメのことで抗議をするためだ。驚いた先生から呼び出された春子(生稲晃子)も、浩の受けている理不尽なイジメを訴え、問題を取り合わない担任を責める。事情を聞いた校長の大沢(大和田伸也)は「私に任せて欲しい」と言う。一方、悩む浩を助けたいと兄・健一(小谷幸弘)は浩のクラスメートの親を訪れ、「イジメをやめさせて欲しい」と頭を下げるが・・・。



26日(水) ● 第43話
 茜(井上真央)の電話を受け、学校へ駆けつけた春子(生稲晃子)は、校長の大沢(大和田伸也)が浩へのイジメに対して全く反省の色のない生徒に「いじめられる辛さ」を知らしめようと罰を与えたことを知る。罰を与えられた生徒の母親たちは、大沢を教育委員会に訴えると息巻く。そんな中、健一(小谷幸弘)から切実な手紙をもらった公平の父親(池戸陽平)だけは、悪かったと頭を下げ、子供たちにイジメはしてはいけないと強く叱る。一件落着したのも束の間、翼(斉藤祥太)に引っ越しの話が持ち上がり、茜は・・・。



27日(木) ● 第44話
 翼(斉藤祥太)が遠くへ引っ越すことが決まり、茜(井上真央)は里香(宮崎真汐)の想いをかなえようと奔走する。遠慮気味な里香に茜は「翼と思い出を作れ」とハッパをかけ、翼に対しても「里香をよろしく」と仲を取り持とうとする。だが、茜はどこかつまらなそう。そんなある日、里香が涙を浮かべて帰ってくる。翼に「茜のことが好きだ」とはっきり言われたのだという。里香の気持ちを踏みにじった翼の態度に怒った茜は・・・。



28日(金) ● 最終回
 茜(井上真央)は翼(斉藤祥太)に絶好を言い渡す。だが、健一(小谷幸弘)と春子(生稲晃子)から、茜は里香(宮崎真汐)に遠慮して翼を好きだという本当の気持ちに素直になれないのだと言われ、茜は焦る。否定するものの、話を聞いた里香から「同情はいらない」と激しく怒られる。いよいよ翼が引っ越す日、元気のない茜に里香は「翼の見送りに行って」と説得。授業を抜け出し、翼の見送りに行った茜は翼と再会を約束。しかし、里香の態度が軟化したのは束の間だけ。今井家ではその日のうちに里香と茜の激しいバトルが再開。春子の母親としての闘いはまだまだ続く・・・。


BACK INDEX