CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2017/12/6 12:00

ボクシング田中恒成チャンプが王座を返上

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 ボクシングの田中恒成選手が記者会見を行い、「WBO世界ライトフライ級チャンピオン」の王座を返上したことを発表しました。

 田中恒成選手は、今年9月、大阪で行われた「WBO世界ライトフライ級」の2度目の防衛戦でノックアウト勝利を収めましたが、試合中に両目の「眼窩底」を骨折し、治療を続けてきました。

 田中選手は6日の会見で、ライトフライ級での減量が厳しくなったことを理由に、王座を返上したことを発表しました。

 今後は、階級をあげ、「フライ級」で世界王座を狙うと話しています。

 「ライトフライ級の王座を返上して、フライ級で3階級制覇を目指すことにしました。試合から2カ月経ったので、徐々に練習を再開して、年明けからは、本格的に次に向けて取り組んでいくつもりです」(田中恒成選手)(6日11:58)