CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2017/12/5 18:51

三菱マテリアル事故で元工場長ら書類送検

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 3年前、三重県四日市市の三菱マテリアルの工場で18人が死傷した爆発事故で、警察は当時の工場長と副工場長を業務上過失致死傷の疑いで書類送検しました。

 この事故は、2014年1月、三菱マテリアルの四日市工場でシリコンを製造するための熱交換器が爆発し、作業員5人が死亡、13人が重軽傷を負ったものです。

 警察は、従業員の安全を確保するための注意義務を怠ったとして、当時の工場長と副工場長を、業務上過失致死傷の疑いで書類送検しました。

 警察の取り調べに対し2人は、容疑をおおむね認めているということです。

 この事故を巡っては、三菱マテリアルの事故調査委員会が、爆発の原因について熱交換器内で乾燥すると爆発しやすい化合物が生成され蓋を開けた衝撃で爆発した可能性が最も高いという認識を示しています。(5日18:33)