CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2017/12/7 9:52

「銭湯」がテーマの資料館オープン

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 懐かしいお宝いっぱいの珍しい資料館が、4日、名古屋にオープンしました。

 テーマは『銭湯』。そのマニアックな展示内容とは…

 都心の、とあるビル中に入ると、そこには… 「湯と書かれている。昔懐かしい雰囲気です」
  (田中アナ)

 4日オープンしたその名も『あいち銭湯資料館』。

 風呂桶や看板など銭湯に関するおよそ80点が一堂に。

 どれも愛知県内の銭湯で実際に使われていた懐かしいものばかりです。

  「マッサージ機と書かれています。
 10円入れると動くようなので、試してみます。
 結構気持ちがいいです」
  (田中アナ)

 さらにこちらの体重計。昭和初期に作られたということですが…

  「よく見ると単位がキロじゃなくて貫なんですよ」
  (田中アナ)

 ずらりと並ぶレトロでマニアックな品々。
 これらにはある共通点が…

 「廃業した銭湯から持ち寄ってもらった。
 2度と手に入らないものばかりなのでこうやって残すことは大事です」
   (武田和宏 愛知県公衆浴場生活衛生同業組合理事長)

 ピーク時の1964年には、愛知県内に816軒あった銭湯ですが、家庭のお風呂の普及や経営者の高齢化、さらに豪華施設を整えたスーパー銭湯の人気などで昔ながらの銭湯は、今では97軒と8分の1以下に。

 「銭湯離れで、若い人には中々足を運んでもらえないので、こういうのを見てもらって銭湯に来てもらいたい」
  (武田和宏 理事長)

 時代の流れの中で減りゆく銭湯。
 資料館オープンの背景には貴重な文化を守り、再び盛り上げたいという願いが込められています。(4日17:54)